トーナメントレポート

第2日

<< 記者会見  第1日  最終日

中古クラブを購入して8バーディーを奪ったウィラチャンが首位浮上!

2019 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 富士フイルム シニア チャンピオンシップの大会2日目は、2位タイからスタートしたタワン・ウィラチャンが8バーディ、ノーボギーの完璧なラウンドで通算12アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に立ちました。
 この試合でウィラチャンが勝つと、マークセンの順位次第にはなりますが、逆転賞金王の目が出てくることになります。
 実はこの試合でウィラチャンが使用するドライバーは、中古のクラブなのです。どこで購入したかは秘密とのことですが、価格は何と14,000円。もし優勝すればクラブが1,000本買える計算です。果たして明日の最終日、どんなショットが飛び出すか注目です。

 4打差の2位に「ようやく試行錯誤していたショットが戻ってきた」と話すソク・ジョンユル、さらに2打差の3位には賞金ランキング1位のプラヤド・マークセンとディフェンディングチャンピオンのバリー・レーンが続きました。

 賞金ランキング1位に立つマークセンは、この試合が今季のシニアツアー最終戦で、泣いても笑っても明日が最後のラウンドになります。「ウィラチャンの調子が良いので勝てるかはわからないが明日は、パー5すべてのホールでバーディを獲りたい。賞金王は獲りたいので頑張ります」と不敵な笑みを浮かべました。
 「大の日本通でお寿司や天ぷらが大好き」というレーンは、昨年大会でも2打差の3位タイから逆転優勝を飾っており、今年は6打差とその差はありますが大会連覇に向けて気合いが入ります。
結果、上位5位までを海外勢が占める形となりました。

 日本勢のトップは初日首位の深堀圭一郎と鈴木亨が4アンダー6位につけました。スコアを一つ落とした深掘は「今日はゴルフIQが低すぎました」としながらも「明日は前半で5つくらい伸ばせれば」と話し、鈴木は「優勝しないと3ツアーズに出場出来ないから今週はそれだけを狙っていた。別の目標を見つけないと」と話しながらも「これからパットの練習をしてきます」と暗くなり始めたコース出て行くなど、まだまだあきらめてはいません。

 果たして明日の最終日はどうなるのでしょうか。優勝争い、そして賞金王争い、興味は尽きません。江戸﨑カントリー倶楽部の明日の天気予報は晴れ、是非ご観戦をお待ちしています。




YOUは何しに会場へ?
~来場ギャラリーさんに聞くトーナメント観戦の理由~

 トーナメント会場に来ているギャラリーの方々に、誰を見に来たのか、何を目的に観戦に来たのかを伺ってみました。

榊原さんと児島さんは大会の大ファン

 最初にお会いしたのは榊原さんと児島さんのお二人。漢字が違っていた場合はご勘弁を。
 お二人は「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」の大ファンで、以前のザ・カントリークラブジャパン時代から毎年通ってくださっているそうで、「尾崎兄弟や中嶋、倉本ら往年のビッグネームのプレーを楽しみに来ています」と話してくれました。

 次に「WEB無料招待券を使ってきたんだけど、あれは凄くいいよ」と切り出された時には我々取材チームもびっくり、「実は我々が制作しているんです」と話し大盛り上がりでした。

 最後に「大会に来るとお土産にもらえるマーカーが大のお気に入りなんだよ」毎年の分を保存しているそうで、「今回はお土産がポテトチップになっていたよね。ポテトチップもいいんだけど来年は是非またマーカーでお願いしたいなぁ」と話されていました。


仲の良さそうな森さんご夫妻

 仲の良さそうな森さんご夫妻は千葉ニュータウンからのお客様。ゴルフ好きでトーナメント観戦にも良く行くそうで「先日の米ツアー、ZOZOチャンピオンシップの練習ラウンドにも行ってきました」という筋金入りです。誰を見に来たかと聞くと「やはり名前と顔を知っている往年の有名選手達ですね」とのお答えでした。


 セカンド地点で観戦していたのは山田さん(仮名)。携帯用のゴルフチェアを持っての観戦スタイルは実に“通”な感じです。なぜこの地点で観戦しているのかを聞くと「ティーショットを曲げたときとか、この近くからトラブルショットを打つのを見るととても参考になるので」とのこと。確かになるほどです。


将来が楽しみな篠原ファミリー

 そして最後は篠原さんファミリーに出会いました。JJGT(日本ジュニアゴルフツアー)で活躍している幼稚園児の篠原桜司(おうし)君、ご両親、そして妹さんの4人組で取材にも気持ちよく応じてくれました。

 今回は練習場のレッスンプロの方から紹介されて観戦に来たそうで「とても楽しいので、これからは時々トーナメント観戦にきたいですね」とお父さんが話してくれました。
 実は桜司君は昨日のアプローチ対決にも選手から声をかけられて飛び入り参加した腕前。「そのときに良くしてもらった中嶋プロと深掘プロのプレーを見に行きたい」とコースにむかわれました。




“世界限定500本のスコッティ・キャメロンのパターも”
ゴルフパートナー大販売会はお得がいっぱい!

富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 大会のギャラリープラザでは、ゴルフショップ店舗数世界一の「ゴルフパートナー」が話題の最新クラブを特別価格で大放出中です。店舗責任者の関口さんに話を聞きました。

 「今回は通常の店舗での販売価格よりもイベントの特別価格で商品をご用意しています。厳密にいくらとは言えませんが、大体2割ほどはお安いイメージです。中古クラブですが、現行モデルか一世代前のモデルなど出来るだけ新しくて程度も良い物を集めてきました」といきなり嬉しいコメントです。


 次に目玉商品を聞いてみると、スコッティ・キャメロンのパターが充実しているそうで「普段キャメロンのパターは店舗でもあまり数がないのですが、今回はいろんな所から集めてきたので全部で20本以上はありますよ」とのこと。もちろん他のパターもあるのですが、スコッティ・キャメロンのパターが揃った姿は壮観でした。 1本中古でも3万とか4万するのが当たり前のキャメロンのパターですが、今回は付いている値段よりもスタッフに声をかけてもらうとディスカウントしてくれるそうですから、この情報知らないと損ですよ。

 ちなみに世界限定500本のパターに69,980円の値札が付いていますが、なんと税込み6万円でOKとのこと。これは買わずにはいられません。ただしこの記事が出たときに売り切れてしまっていたらご勘弁を。

 また、倉本昌弘プロが監修した練習器具も特別価格で用意されています。こちらは箱入りの新品で16,500円と12,900円の商品がどちらも1万円とお得になっています。これはプロのキャディバッグにはほぼ入っているという商品です。練習場で見たらチェックしてみるのはいかがでしょうか。


 最後に販売ブースを訪れた方なら誰でも無料でウッドティーのつかみ取りが出来るイベントも開催中。ただしこちらはティーの数に限りがあるのでお早めにいくことをお勧めします。 ゴルフパートナー大販売会は明日の最終日まで営業しているので、会場を訪れたら是非とも訪れてみてください。




65歳の飯合プロも元気にスタート!

富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 午前8時、「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」の大会2日目が始まりました。この日の第1組目は飯合肇、福田裕至、パク・ブーウォンの3人。早朝のスタートにも関わらず熱心なファンが見守る中、65歳の飯合プロも元気満々にスタートしていきました。

 スタートは全組1番ホールからのワンウェイスタートで11時40分の23組目まで続きます。最終組は、シニアツアールーキーで初優勝が待たれる深堀圭一郎、金鍾徳、グレゴリー・マイヤーの3人です。本日の天気は20度まで上がらず少し肌寒い予報が出ていますので、服装には十分ご注意ください。注目のスタートにはまだ間に合いますので、是非会場にお越しください。

富士フイルムホールディングス

富士フイルム

FUJI XEROX

accsenture

PGA

江戸﨑カントリー倶楽部