選手インタビュー&コメント

第1日

第2日へ 最終日

田村尚之(6アンダー 首位)

インは全部1パットでした。ショットはそれなりに良かった。無理せずに振ったのが良かったかな。
金(鍾徳)さんと一緒に回ったリズムが良かった。金さんはショットメーカーだし、パットも抜群にうまい。

ボギーが先行したけど、フェアウェイ行ったら転がってくれたし、無欲なのが良かった。

今日は上出来。金さんに引っ張ってもらって、楽しく出来た。
パターが入るとスコアになるんだねー。パットイズマネー。パターだねー。ハーフ全部1パットは、プロになってからは、まず間違いなくない。23パットはあるかもしれないですけど…。今年は「今日パットが良かった」ってことが1回もなかったからね。今回はグリーンが速いから自分に合う。




久保勝美(5アンダー 2位タイ)

驚異的なパット数で、ぼくが先に入れちゃうから、途中、中嶋さんとヨネに謝りながら回っていました。21パットは生涯初めてかもしれない。いつもよりグリーンも固くて速いので、全部手前、迷ったら手前って感じでした。ドライバーとアイアンはひどくて、どこに飛んでいくかわからない感じでしたけど。

火曜日はスペアのアイアンで回ったんですけど、それが良くて、今週はこのまま「このアイアンだ」と思って回ったんですけど、明日は元に戻します。

新人のキャディーさんが、良くラインも読めていた。パッティングも良くなってきて、狙ったところに打てていた。グリーンは素晴らしいね。ミスパットはミスパットになるし、うまくいくと入ってくれる。本当にいい転がりで、その辺がうまくいった。

中嶋さんとなごやかな雰囲気で回れて、ヨネもいつもやってる仲間ですからね。中嶋さんは憧れの人で、レギュラーで活躍してるのをテレビで見ていて、その憧れの人と同じステージでプレー出来るので、シニアに出て良かったなって思います。楽しんでいる感じもありますけど、ドライバーやアイアンのスイングは素晴らしい。

いつもの様に2位狙いで。1位を獲りたいんですけど、このコースは、グリーンの固さ、傾斜から考えると、フェアウェイから狙わないとバーディは獲れない。今日はいくつパーオンしたかな。8個。パーオン8個ですよ。本当に今日はたまたまなんで。うちのメンバーも何人か来ていて、明日からもうちの会員の方が来てくれるんで、なるべく後ろの方にいないと。ドキドキ、ガッカリ、いろいろあるけど、上位に食らいついて楽しみたい。




金鍾徳(5アンダー 2位タイ)

(今日一日振り返って)
ここはコースが狭いからドライバーが真っすぐ行けばチャンスがある。曲がるとチャンスがないから、ドライバーだけ真っすぐ行くように100%の力じゃなくて70、80%でコントロールして、今日はスリークォーターで打っていたのが良かった。フェアウェイを捉えられなかったのは最後だけ。セカンドショットも全部ぴったりついていました。

今日、パー3が良かったですね。4分の3がバーディだったので。
アイアンが良かった。バーディチャンスは3m、2m、1.5mとかで一番長かったのでも6番の5m。 満足な一日でした。

毎日5アンダーなら優勝だと思います。
今日の感じで行けば、ティーショット真っすぐ行ってセカンドショットが勝負。グリーンに乗ったらバーディチャンスがあると思うので。今年は調子も良いからまだもうちょっと仕事ね(笑)




B・レーン(4アンダー 4位)

コースは狭くて、グリーンも小さくて、とても難しい。
長いので、セカンドも5番や6番アイアンだった。
3回だけしかグリーンを外さなかったのが、スコアにつながった。

4アンダーは上出来。ヨーロッパツアーと同じ様に7,000ヤードの距離で長かったが、うまくフェアウェイに打てたし、左右に曲げなかったのが良かった。

(狭いコースの攻略は?)
フェアウェイの幅が狭いといっても、ボールが何個並べられるか。
60個も70個も並べられる。それをイメージすれば、私の中では狭いとは感じない。60分の1、70分の1なので。今日はそれがうまくいった。明日はどうなるかわからないけどね。

(明日は)
他の選手との戦いではなく、自分とコースとの戦い。
1日4アンダーを出して、3日間12アンダー出せれば優勝できると思う。




富士フイルムホールディングス

富士フイルム

FUJI XEROX

accsenture

PGA

江戸崎カントリー倶楽部