トーナメントレポート

記者会見 第1日 最終日

第2日

圧巻の5連続バーディ!崎山武志が通算7アンダーで単独首位に!



2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで行われている『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会2日目は、昨年まで2年連続賞金ランキング2位となっている崎山武志が6バーディー、2ボギーの4アンダー、68をマークして通算7アンダーとし、前日の5位タイから単独トップへと浮上しました。

 1打差の通算6アンダー、2位タイには、初日単独首位だったグレゴリー・マイヤーと、この日のベストスコアとなる7アンダーで前日の1オーバーから巻き返した、賞金ランクトップのプラヤド・マークセン。4位には、通算5アンダーの寺西明。通算4アンダーの5位タイには、現在、賞金ランキング3位の室田淳、PGA会長の倉本昌弘が並びました。

 なお、今大会でのマークセンの賞金王戴冠を阻止したい、現在賞金ランキング2位の米山剛は、この日のスコアが1オーバー。トップとは6打差の通算1アンダーで、前日の10位タイから14位タイへと後退しました。

 単独首位に立った崎山は、「今日は気持ち良かったですね」と笑顔を見せましたが、それもそのはずで、12番から圧巻の5連続バーディー。11番で2つ目のボギーが来て、この日のスコアを1オーバーとしましたが、「残りホールはまだあるし、なんとかできればと我慢をしていたら、5バーディーが来ました」と、冷静にプレーできたことを、その要因に挙げていました。

「このタイトルは、もちろん、取りたいです。明日1日ありますが、今日みたいな気持ちでできれば、(副賞のメルセデス・)ベンツは僕のものと思いま(笑)。でも、それができないのが優勝争い。僕のドライバーは、マークセンにスプーンで置いていかれますから(笑)。だから、もう飛距離は全然気にしていないです。明日は、マークセンよりも先にセカンドを打つでしょうから、それでプレッシャーをかけられれば」 崎山が優勝すれば今シーズン初優勝で、昨年6月の「スターツシニアゴルフトーナメント」以来のツアー通算8勝目となります。

一方、米山に代わって、マークセンの賞金王決定を止める立場になった形の室田は、「12番、13番あたりで腰がグキッとなって痛くなり、最後まで持つかなと思ったけど、なんとか持った。あと1日、棄権しないようにがんばります」と、タイトル争いよりも自分の体のことで頭がいっぱいといった様子でした。




「息子に目の前でいいところを見せたい!」勝てば2年連続賞金王が決定するマークセン



2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 さすがは2016年の賞金王で、今年もランキングトップをひた走る選手です。プラヤド・マークセンが、2日目に他者を圧倒する7アンダー、65をマーク。前日の1オーバー、30位タイから一気に、首位と1打差の通算6アンダー、2位タイに浮上してきました。

 マークセンは自慢の飛距離を活かして、4つのロングホールのうち、3つで2オンを達成し、楽々と3つのバーディーを奪取。バーディーは合計で8つを数え、ボギーは1つに抑えるという、ほぼ完璧なプレー内容でした。

 しかし、そんな強さを見せたマークセンですが、「(レギュラーツアーの)ブリヂストンオープンで風邪をひいて、それをひきずっている」そうで、プレー中にもゴホゴホと咳を連発。そんな状態でよく、たくさんのバーディーを奪えたものだと感心するところですが、本人によると、2日目は、この風邪が結果的に功を奏したようです。
「いつもドライビングレンジに行くと、張り切って打ってしまう。昨日も喉が痛くて、咳もしていたけれど、レンジに行ったので疲れてしまった。今日は、体調もあるので練習に行かなかったが、それが良かった(笑)」

 最終日は、シーズン4勝目と賞金王を懸けた大事な1日となりますが、マークセンは、「明日も練習はしません。今日も、このままホテルに帰ります」と、笑顔でキッパリ!
「プレーの状態が上がってきているので、明日もその調子でできれば。4アンダー、5アンダーを出せば、勝てると思う。優勝して、賞金王になりたい。今大会は息子が見に来てくれていて、(優勝した)日本シニアオープンのときも来ていたのだけれど、あのときみたいに、勝っていいところを見せたい」

 明日は、日本シニアオープンの再現となって、マークセンが2年連続のシーズンチャンピオンとなるのでしょうか。それとも、タイトル決定は次戦以降に持ち越しとなるのでしょうか。大注目の18ホールとなります。




本大会歴代チャンピオンが駆け付け、イオンモール木更津で盛大にトークショーを開催!



2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 第10回大会を記念して、イモンモール木更津1階のサウスアトリウム(スポーツオーソリティ前)で17時から約1時間にわたり、出場プロによるスペシャルトークセッションが行われました。大会2日目のラウンドを終え、賞金ランキング2位に付けている米山剛をはじめ、2009年と2015年に大会を制している渡辺司、2010年大会覇者の芹澤信雄、シニアルーキーの川岸良兼が駆け付けてくれました。

 松井功大会名誉会長のジョークを交えた軽妙な司会進行でトークショーがスタート。「アマチュアの方が遠くへ飛ばすにはどうしたらいいか?」の質問に渡辺は「アマチュアの方は目標がボールに当てることになっているから、フィニッシュを終着駅にしてヘッドスピードが減速しないようにすること」と答えると、お客様も大きく頷き、納得の表情を浮かべていた。また、米山が「ゴルフが上手くなるにはコーチに教えてもらうこと」と言えば、渡辺が「でもコーチは人を教えるのは上手いけど、なんで本人は上手くないの?」と返すとドッと笑い声が上がっていました。

 最後は、お客様も参加して富士フイルム製品のアスタリフトや選手のサイン入りキャディバッグやサンバイザーなどの非売品グッズ、大会の舞台のザ・カントリークラブ・ジャパンの平日プレー券などが当たる大抽選会&じゃんけん大会を実施。イベントが始まる前から集まってくださった約250名のお客様方が三連休初日の休日を楽しんでいました。




ゴルフグッズの特売セール「ゴルフマーケット」が大盛況!



2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会2日目。午前9時以降には、早朝の肌寒い曇り空が嘘のように消え去って、暑いくらいの気候となっています。
 一方で、8番ホールの隣に位置するギャラリープラザも、けっこうな熱気に包まれています。ゴルフパートナーとスポーツオーソリティが開催しているゴルフグッズ特売セール、「ゴルフマーケット」です。

 ゴルフパートナーのテントでは、最新モデルも含まれた中古クラブがずらりと並び、多数のギャラリーの方が熱心に品定め! また、ゴルフウェアが2点でなんと5000円(税込み)という格安価格で販売されていて、こちらもかなりの人だかりです! もちろん、キャップやグローブ、ボールなどの小物も充実しており、すべてお得な特別価格で販売されています。

 一方のスポーツオーソリティでも、スポーツウェアが充実。メンズ、レディースの有名ブランドスポーツウェアがたくさん並んでいて、値段も2980円(本体価格)からと、こちらも大変お買い得です! また、市松模様が目にも鮮やかな2020年東京オリンピックグッズが販売されていたり、「ゴルフに役立つストレッチ体験コーナー」が開催されていたりと、観戦に訪れた際は必ずチェックしておきたい場所となっています。
 この「ゴルフマーケット」は、本日の大会2日目だけでなく、明日の最終日も開催していますので、ぜひお立ち寄りください!

 さらに、その最終日の超目玉企画もお知らせしておきましょう。昨年も行われた、「カート観戦ツアー」が今年も開催です! 抽選で選ばれた8名の方がカートに乗って、最終組のプレーをギャラリーロープ内の間近で見られるという夢の体験。抽選へのお申し込みは、クラブハウス前の総合案内所において、金曜日は午後2時まで、明日土曜日は午前7時から午前11時まで受け付けています。まだまだ間に合いますので、ふるってご参加ください!




2010年大会覇者の芹澤信雄がスタート、本日は最高のゴルフ日和になりそうです!



2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンにて開催されている『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会2日目。一時は雨という天気予報が出ていて、天候が心配されましたが、前夜からの雨は朝には上がり、2010年大会チャンピオン、芹澤信雄の第4組が午前8時30分にスタートするころには、雲の間から太陽や青空も顔をのぞかせはじめました。本日も絶好のゴルフ日和、ゴルフ観戦日和が期待できそうです。また、第2ラウンドからは前日のスコア順のスタートとなっていますので、上位勢は11時以降のスタートです。これから会場に向かわれても、 白熱したトップ争いを充分に観戦することができます。ぜひ、コースに足をお運びください。

 大会2日目もイベントが盛りだくさんです。クラブハウス前にあるパッティンググリーンではパターコンテストが開催されます。最高の状態に仕上げられた、トーナメント仕様のグリーンを体感することができます。ぜひ、ご参加ください。

 また練習場ではダンロップ試打会、ゴルフレッスン会が行われています。試打会ではスリクソンのニューモデルをはじめ、さまざまなクラブを試打することができますし、レッスン会では出場プロが直接、丁寧に教えてくれたりもします。トーナメント観戦とともに、これらのイベントもお楽しみください。

富士フイルムホールディングス

富士フイルム

FUJI XEROX

accsenture

PGA

ザ・カントリークラブ・ジャパン