トーナメントレポート

記者会見 第1日 第2日

最終日

田村尚之が逆転で念願のプロ初優勝を飾る

2016 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンにて開催された『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会最終日。首位とは6打差の2アンダー7位タイからスタートした田村尚之が4アンダー68でラウンド。通算6アンダーとして、大逆転で悲願のツアー初優勝を手にしました。

1打差の5アンダー2位タイにはプラヤド・マークセンと秋葉真一の2人。逆転負けとなったマークセンですが、2位タイの賞金5,775,000円を加算したことで、今シーズンの賞金王が確定。今シーズン獲得した62,278,000円は過去最高獲得賞金額となりました。

 最終組で打倒マークセンと意気込んでいた加瀬秀樹は4オーバーの76と崩れ、通算1アンダーの11位タイに終わりました。
 また、大会のホストプロの青木功は、最終日はスコアを大きく落として通算22オーバーの67位に終わったものの、最終日も多くのギャラリーを引き連れ、大会を最後まで盛り上げてくれました。




マークセン まさかの失速でV脱するも賞金王は確定!

2016 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 2位以下に2打差をつけて8アンダーの単独首位からスタートしたプラヤド・マークセンが、この日はまさかのノーバーディー。最終ホールでは、入れればプレーオフという1メートルの大事なバーディーパットを外し、結局3オーバー75のラウンド。通算5アンダーの2位タイで3日間の競技を終えました。

「今日は全くパッティングが入りませんでした」。ショットの調子は過去2日間に比べて悪かったものの、この日はチャンスにつけてもパッティングが全く決まりませんでした。朝から雨が降ったために、グリーン上にスパイクで踏んだ跡などがつき、思うような転がりが出せなかったようです。またスタートホールの1番パー5では、セカンドショットでグリーン周りまで運びながら、ライが悪くてアプローチを寄せることができずバーディーを奪えませんでした。この日のマークセンには運がなかったのかもしれません。

 ただ、順位では2位タイに入ったことで、この試合で賞金王は確定させました。「初めての賞金王になれたことは嬉しいです。全く気にしていなかったので、最後に言われて気づきました」。
 マークセンはこの試合がシニアツアーでの今季最終戦となります。獲得賞金の62,278,000円は2013年に室田が獲得した6,207,400円を抜くシニアツアーの年間最高獲得賞金額。また、ルーキーイヤーでの4勝は歴代3位、ルーキーイヤーのシニア賞金王は5人目となリます。
 来シーズンもレギュラーツアーとシニアツアーの両方を掛け持つ予定。少しシニアツアーの方が出る試合数が多くなりそうとのことで、この強さは来年もシニアの面々にとって脅威になりそうです。 




こんな近くでプロのプレーを見られるなんて…カート観戦ツアー

2016 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会最終日が行われたザ・カントリークラブ・ジャパンは、朝の雨が嘘のよう晴れ渡りました。この日は初めての試みとなるカート観戦ツアーを開催。抽選で8名の当選者を選び、最終組のバックナインをカートに乗りながら、ロープ内で観戦できるというプレミアムなイベントが行われました。

 参加者の一人である大森浩司さんは、トーナメント観戦はこれまでに経験があるものの『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』は初めてとのこと。「まさか自分が当たるとは思っていませんでした。でも、こんな近くでプロのプレーを見れるなんて他ではありませんからね。いい経験になりました」。
 他の参加者もロープ内に入ると緊張感が高まるなど、様々な感想を持たれたようです。『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』ではこれからも、ギャラリーの皆様が驚き、楽しめるイベントを開催していきます。来年の大会も楽しみにしてください。




大会最終日がスタートしました

2016 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

 千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンにて開催されている『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』の大会最終日。トップの組が8時にスタートしました。会場はあいにくの雨模様ですが、お昼頃には回復する予報です。 

 ホストプロの青木功はレジェンド枠(PGAシニアツアーで実績が顕著な選手を讃えて最終日に設けている枠)として9時40分にP・ファウラー、G・マイヤーと同組でスタート。最終組のP・マークセン、加瀬秀樹、清水洋一の3人は10時ちょうどのスタート。
 マークセンが逃げ切って賞金王を決めるのか。それもと加瀬が意地を見せて、マークセンの快進撃を止めるのか。見どころ満載の最終日がいよいよ始まりました!

富士フイルムホールディングス

富士フイルム

FUJI XEROX

accsenture

PGA

ザ・カントリークラブ・ジャパン